読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春のことはじめ

春なので、日記をはじめました。

 

日本海側の雪国は、冬の天候が独特だと思います。とにかく暗いのです。

分厚い雲が空を覆い尽くし、朝になっても街灯はついたまま。日中も薄暗く、街の中全体が灰色がかって見えます。それが何日も何日も続くのです。

初めて太平洋側の東北地方で冬を経験した時は、雪は降れども雲の薄さと明るさに驚きました。

日本海側の隣県の人に聞いても、冬は暗いという答えだったので、日本海性気候というものがあるのではないか、と私は疑っています。

 

そんな暗い冬が、春分あたりになると一気に明るくなってきます。

青空を見られる日が増え、雪はどんどん溶け、土から雑草の若葉の黄緑色が見えると、ああ、春が来たなと開放的な気持ちになります。

 

ということで、新しいことをやりたくなりました。

やりたいことはたくさんあります。そんな、春の事始めについて、このブログに書いていきたいと思います。

さてはて、継続の記録になるのか、挫折の記録になるのか。